業務内容のご紹介

北郷塗装では、東京・横浜にて、足場仮設工事、内装工事、塗装吹付工事、一般住宅塗装、屋根葺替え工事を行っています。

各工事の内容をご紹介いたします。

足場仮設工事

外壁塗装・塗り替え工事や屋根工事の際に必要な足場の仮設工事を行っています。
作業時に物が建築現場の外側に飛び出さないように、また、塗料等が飛散しないようにその外側をメッシュシートで覆い、近隣への気遣いを忘れません。

足場 外壁洗浄_200202_0005e1_R
ピケ足場にて設置しています。

内装工事

壁面・天井の塗装やクロス貼りなどの仕上げ工事や、フローリング貼りなどの床面仕上げ、造作家具や建具などの工事のような、壁・床・天井・ドア・窓・塗装・手すり・収納など家の中のあらゆる工事を承っています。また電気・ガス・水道・空調などの設備工事もお任せ頂けます。

システムキッチン ビフォーアフター_200202_0005e1_R

塗装吹付工事

スプレーガンを使用し塗料を霧状にして壁面に吹き付ける工事を行っています。
飛散防止の為に養生には手間がかかりますが、施工が早く、細かな調整ができるため、塗装面がきれいに仕上げる事が出来ます。ただし、塗装環境や面積などによっては、ローラー工法の方が適する場合がありますので、工事内容によって使い分けを行っています。

機械吹き 吹付施工_200202_0012e1_R

一般住宅塗装

主に外壁塗装工事を行っております。ご要望や状況により変わりますが、多くの場合、外壁と屋根を合わせて同時に施工致します。
塗装は見た目をキレイにする事だけが目的ではなく、建物を雨水や風・紫外線などから守る役割を果たします。外壁の塗り替えを行う際にはシーリングの打ち換えも一緒に行います。シーリングも雨風の侵入を防ぐ目的がありますが、建物の振動や揺れをシーリング材の柔軟性で吸収し、建物を守るという役割も果たします。
塗装やシーリングで使用する素材には寿命が有りますので、定期的な点検とメンテナンスを行って頂く事をお勧めいたします。

各素材ごとの大まかな耐用年数は下記の通りです。
・アクリル系樹脂塗料:5~8年
・ウレタン系樹脂塗料:7~10年
・シリコン系樹脂塗料:10~15年
・フッ素系樹脂塗料:15~20年
場所や状況により早めに劣化する場合もありますので、定期的な点検をお忘れなく。
劣化が進んでしまうと、建物内に水が浸入して、壁の内側に湿気が生じてカビが発生したり、柱や梁が腐食して建物の躯体が劣化してしまうかもしれません。そうなると改修の為の工事が大掛かりになる可能性があります。

機械吹き 吹付施工_200202_0001e1_R

屋根葺替え工事

建物を守る大切な屋根のメンテナンス工事を行っています。屋根の状況によって、既存の屋根材を剥がして、新しい屋根材に置き換える「葺き替え」をおこなう工法と、既存の屋根はそのまま残し、その上から新しい屋根を被せる「重ね葺き(カバー工法)」があります。
どの工法が良いのかは点検の結果やご予算と併せてプロにご相談ください。

屋根吹き替え施工_200202_0013_R

リフォーム工事

部屋の模様替えやレイアウト変更はもちろん、台所やバスルームなど水回りのリフォームまで幅広く対応しております。
気軽にご相談ください。

バスルーム

各種補修工事

玄関タイルの張替え、ベランダの修繕、棚の補修など、どんなに小さな工事でも対応しております。
職人がしっかりご要望をお聞きし、丁寧に施工いたしますので安心してご相談ください。

システムキッチン ビフォーアフター_200202_0005e1_R

屋根・外壁工事の費用を抑えるためのサポート

屋根と外壁の工事にはたくさん費用がかかると思われていませんか?
屋根・外壁工事は実質負担無しにする事が出来るかもしれません。
お手元の火災保険証書をご確認下さい。その火災保険に「風災補償」が含まれているでしょうか?
その契約があれば、屋根・外壁の補修工事に保険が適用できるので、費用負担無し、または少ない負担で施工する事ができます。
ただし、火災保険の保険金は、工事後の費用合計額で決まるのではなく、工事前の見積もり額により支払われる保険金が判断されます。その為、正確に見積もり出来る業者を選ぶことが重要になってきます。
北郷塗装では、適正かつ正確な見積もりを行い、火災保険利用の手続きをサポートいたします。
大切な建物を守る為に北郷塗装にお気軽にご相談下さい。

kasaihoken

外壁塗装工事といっしょに給湯器を交換

一般的に給湯器の寿命は約10年と言われています。また、10年経たなくても設置環境や使い方によっては早期に故障する場合もあります。
一方、外壁の塗り替えも約10年ごとに行われる事が望ましいとされています。
北郷塗装では交換サイクルがほぼ同じこの両方を、同時に施工する事を提案させて頂いています。
外壁塗装工事を行う際に給湯器の交換工事を同時に行う事で、配管や機器本体の陰になっている部分も同時に塗装できるので仕上がりもスッキリ綺麗にする事ができます。機器の仕入れと設置も当社で行いますので、専門業者に個別に依頼されるより大幅に少ない負担で交換する事ができます。
外壁の塗り替え工事をお考えであれば、給湯器の交換も一緒にいかがでしょうか。

給湯器 交換工事_200202_0001e1_R